HOME > 学校案内

校長の挨拶

本校は、昭和42年に秋田工学校、東京中央工学校の連鎖校として設立されました。

その後、昭和56年に秋田建築専門学校として専門課程の設置が秋田県知事より認可され、平成21年に秋田建築デザイン専門学校と校名を変更して現在に至ります。

本校は、1学年の定員が20名の小さな学校ですが、建築士の受験資格認定校であります。卒業と同時に実務経験無しに二級建築士・木造建築士の受験資格が得られ、卒業後4年の実務経験を経ることによって、一級建築士の受験資格が得られます。昭和42年の設立以来、現在までに1065名の卒業生を輩出しており、その多くが建築分野でご活躍されております。

 

建築学は、建築用途の違いによる計画的な分野を始めとして、建築史、環境工学、法規、構造、施工等といった広範な分野からなる学問の集合体であります。さらに、設計図面を完成させるための製図スキルを必要とします。その上で、「デザインとは何か」、「人とは何か」、を学び、個々人にとっての「建築とは何か」という大命題に向かって、一生涯に渡って精進していく学問であります。極めて個人的な見解ですが、そういう意味において、建築士は、技術者であり、詩人でもあると思うのです。

 

本校への入学生のみなさんは現役生の方がほとんどですが、中には大学を中退・卒業された方、あるいは一度社会人を経験された方など様々な経歴の方がいらっしゃいます。そうした少し違う年代の方達と一緒に学ぶ環境というものは、総じて、お互いに良い影響を及ぼし合います。建築学を究めるという共通の思いを持った仲間たちと、笑いの絶えない環境の中で、日々研鑚し合い、過ごしています。

 本校は二年制の専門学校でありますが、この二年間はこれからの生涯において、かけがえのないものとなるはずです。時には一心不乱に勉学に打ち込み、時には夜が明けるまで友人らと語らい、遊び明かし、そして、生涯の友と呼べる親友と出会うのも、この時期なのであります。

 

 みなさんの学生生活がより良いものとなりますように、本校教職員一同、誠心誠意、頑張ってまいる所存です。

ご入学をお待ちしております。

教員・講師紹介

教員

氏 名伊藤 竹志
役 職校 長
生年月日昭和44年4月17日
資 格一級建築士、インテリアコーディネーター
担当教科木構造Ⅰ、建築材料、構造力学、建築測量、鋼構造、都市計画
ランドスケープ概論、建築構法、構造計算、RC構造、設計演習ⅠⅡⅢ
経 歴
昭和63年3月秋田県立横手高等学校 卒業
平成6年3月秋田大学 鉱山学部資源・素材工学科 卒業
平成8年3月秋田大学大学院 鉱山学研究科 資源・素材工学専攻 修了
平成8年4月~平成9年3月株式会社東北機械製作所
平成9年4月~平成29年3月秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 教員
平成29年4月~現在秋田建築デザイン専門学校 校長就任
氏 名原田 慎吾
役 職科 長
生年月日昭和63年12月2日
資 格二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級
担当教科建築史、CAD製図ⅠⅡⅢ、建築法規ⅠⅡⅢ、環境工学、建築設備、建築計画Ⅲ
経 歴
平成19年3月秋田県立新屋高等学校 卒業
平成21年3月秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 卒業
平成21年4月~現在秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 教員
氏 名山田 律子
役 職主 任
生年月日昭和51年8月11日
資 格インテリアコーディネーター
担当教科インテリアⅠⅡ
経 歴
平成7年3月聖霊女子短期大学付属高等学校 卒業
平成9年3月秋田短期大学 商経科 卒業
平成25年12月~平成30年3月秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 職員
平成30年~現在秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 教員
氏 名小野 珠海
役 職助 手
生年月日平成4年6月27日
資 格二級建築士
担当教科建築模型、設計製図ⅠⅡⅢ、木構造Ⅱ、住居学
経 歴
平成23年3月山形県立米沢工業高等学校 卒業
平成25年3月秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 卒業
平成25年4月~平成29年3月株式会社 加藤一成建築設計事務所勤務
平成30年~現在秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 助手

講師

氏 名平野内 常吉
役 職二級建築士受験科(通信教育制)科長
生年月日昭和24年6月12日
資 格一級建築士、インテリアプランナー
担当教科建築施工ⅠⅡⅢ、デザイン計画ⅠⅡ
経 歴
昭和44年3月秋田県立秋田高等学校 卒業
昭和44年6月平野内工務店入店
昭和48年5月工藤住宅産業㈱設立 取締役就任
~取締役工務部長、常務取締役、専務取締役を歴任
昭和62年10月~現在有限会社平野内建築設計事務所 開設
平成14年4月~秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 非常勤講師
氏 名加藤 一成
役 職非常勤講師
生年月日昭和34年11月9日
資 格一級建築士・インテリアプランナー・建築積算士
2級カラーコーディネーター、2級福祉住環境コーディネーター
担当教科建築計画Ⅰ、建築計画Ⅱ、建築積算
経 歴
昭和53年 3月秋田県立秋田南高等学校 卒業
昭和57年 3月千葉工業大学 工学部建築学科 卒業
平成 8年11月有限会社 加藤一成計画事務所 開設
平成15年4月~現在秋田建築デザイン専門学校 建築設計科 非常勤講師
平成20年11月~現在株式会社 加藤一成建築設計事務所 へ社名変更
平成22年11月~現在株式会社 加藤一成建築設計事務所 仙台オフィス 開設

学校概要

本校は、2年制の専門学校で、卒業と同時に二級建築士試験の受験資格が得られ、さらに、実務経験4年で一級建築士試験の受験資格を得ることが出来ます。
建築(インテリアを含む)の専門教科以外にも、CAD技術を始めとしたパソコン知識や一般教養なども修得し、幅広い「21世紀の建築士、技術者として社会に貢献出来る人材の養成」を目指しております。

学校沿革

S42年 7月 1日 秋田工学校、東京中央工学校の連鎖校として設立する
校主 峰本ソノ、初代校長 峰本ソノ
 43年 4月 20日 第1回入学式
 43年 9月 15日 私立学校秋田工学校設置知事認可
(私立学校法第5条1項)
 46年 3月 8日 第1回卒業式
 48年 4月 1日 秋田県建築士会の全面的な支援を得て建築士会より講師
を派遣される
 49年 3月 15日 卒業後4年の実務で二級建築士受験資格付与
(建築士法第15条第3号)
 50年 11月 27日 学校法人峰本学園設立知事認可
 51年 4月 1日 学校教育法一部改正(専修学校制度)により
秋田建築設計高等専修学校設置知事認可(学校教育法第8条8項)
 54年 3月 15日 創設者 峰本ソノ逝去
 56年 12月 21日 専門課程設置知事認可(学校教育82の8)
秋田建築専門学校として昇格
 57年 1月 8日  専門課程新校舎落成式
卒業と同時に二級建築士受験資格付与(58年3月以降専門課程卒業者)(建築士法第15号第3号)
 63年 4月 1日 大住校より現在地の茨島校に校舎を移転する
 63年 6月 21日 卒業後実務4年で一級建築士受験資格付与(専門課程卒業者)(建築士法第14条第4号)
H 3年 4月 1日 茨島校舎に新しく教室を拡張する
 20年 12月 24日 建築士法改正に伴い、新たに建築士(一級・二級・木造)の受験資格付与
 21年 4月 1日 秋田建築デザイン専門学校に名称変更
 29年 3月 3日 第47回卒業証書授与式(専門課程35期生)
専門課程は第35期生まで792名(合計1065名(高等課程含))が卒業する